カーセックスにまで発展したプチ援女子大生との関係

 不可抗力ってやつだったのかもしれません。
初めてプチ援したカナエと、都合3回ほどお金を支払って口で気持ちよくしてもらいました。
それ以降連絡を取っていなかったのですが、カナエからLINE通知がやってきました。
「あの、舐めさせてくれませんか?」
「舐めて欲しいけど、給料前で財布の中身がさ…」
「今回は、支払いなしでいいんで…」
「えっ???」
「お口でしたいんです、大きいの…」
カナエは、僕のチンコの大きさと硬さが、かなり気に入ったと言い出したのです。
無料で舐めてくれると言われ、待ち合わせしない選択を選ぶわけがありません。

 

 4回目の待ち合わせで、無料で口の中で気持ちよくしてもらえてしまったのです。
お金がかからない関係って、不思議と心が燃えてしまう状態。
カナエも、一心不乱に肉棒にしゃぶりついてくれます。
相手も、僕のイチモツで大興奮。
僕だってそれは同じ。
だからフェラだけでは終わりませんでした。
相手の体に触れてみる。
柔らかな胸の膨らみ。
ムッチリした太ももの艶やかさ。
パンツの上からオマンコを触ると、濡れている…。
パンツの脇から指を入れ、オマンコを刺激する。
「挿れたい、カナエの中に」
こくりと小さく頷く。
対面座位で座り、挿入を始めてくれたのでした。

 

 タダマンほど価値のあるものって、存在しているのでしょうか?
カナエと思わぬことから無料でフェラをしてもらい、ハメハメまでさせてもらってしまったのです。
半端じゃない気持ち良さ。
カーセックスにまで発展したプチ援女子大生との関係。
最高潮の気分。
夢の中で射精してしまったような、そんな心地でした。

 

 卑しさのかけらもない男女の営みを、僕はその後も作れるようになっていきます。
植杉から教えてもらった出会い系サイトって、ガチで素晴らしい能力を発揮してくれたのです。
オナニー鑑賞を楽しみ合うようになった、コハルとの親睦も深まるばかり。
ホテルで2人の快楽を、思いっきり味わって行こうと誘い、待ち合わせしていただくことに!
直情径行な男女関係は、オール男の夢です。
コハルと、相互オナニーからタダマンで関係を持つため、待ち合わせに成功。
某駅から車に乗せ、2人の熱い蜜月を堪能しまくるため、ラブホテルに向かって走らせました。
テレビ電話で見たあのエロチズム溢れる肉体が、助手席にある。
心も、股間も立ち上がりっ放しな状態でした。

定番サイト登録無料

車内フェラ好きなフェラ友をセフレに

page top